サイトストーマー

サイト売買の詐欺や悪徳商法などの裏情報を暴露

サイト売買で詐欺に遭った話【注意喚起】

サイト売買屋さん

率直に言って詐欺のような案件が多いサイトです。

個人が個人に売ってるのではなく業者が個人を偽って売っています。 

 

f:id:jfed:20191012183153p:plain

 

詐欺の実態

案件内容は個人案件が多いがその理由は以下の通り。自社で制作したコンテンツ(巷で話題ペラサイト大量)を第三者を偽り販売実際に売り手は存在せず業者が大量に作成したペラサイトほとんど自社で生成した売上継続は難しいサイト従業員(サクラ)を使って売り上げを水増ししたサイトやブログを掲示板に出品サイト楽市にも同様な案件が卸されていますトラブルのもとになるのでサイト売買屋さんでの取引には気をつけましょう!

 

非常に悪質なことをしている人も少なからず存在しており情報集めだけで売買をする気がなく、胡散臭い案件が多数あるので初心者はサイト屋さんでの売買はおすすめはしないです。

 実際、それを知ってる上で売却する人や売り上げを誤魔化したりして出品されてるサイトも無料仲介サイトでは見受けられます。

 変動が日常茶飯事なので明日には買ったサイトが飛んでしまうことも多々あります。

 購入したサイトが怪しい案件でしたので制作者に誰に売ったかメールで問い合わせ結果、売却者当人ではなく仲介業者の名前でした。

 買い取りをした仲介業者とサイト売却者は恐らく同一人物か裏で繋がってるのでエスクローサービスは機能していません。

 その後元々運営していた人に問い合わせをした結果、売上の水増し後メルマガ購入者の架空発注や仮申し込みなども売り上げに含め記載出品していたことが判明しました。

 

メルマガ購読者も購入した憶えは無いとのことでした。

 

取引履歴はすべて削除され、問い合わせには連投による規制で使用制限され、ログイン出来ない状態になり、取引は途中で出来なくなりました。

売却者への支払いを認めていない両者(同一人物)に問い合わせをしてエスクローサービスの利用を承諾済みです。

返金に了承しましたが現時点で返金していません。

調査の結果、他にも偽名を使い売却者として出品しています。

サイト楽市

f:id:jfed:20191012183325p:plain

【特別掲載】サイト売買のプラットフォーム・上位表示サイト2セット
販売価格:
5,000万円
月間売上:
18,000,000
月間コスト:
16,000,000
営業利益:
-
想定利回り:
48
想定投資回収期間:
25か月
PV:
21,000PV
想定アドセンス収益:
2,100~6,300

サイト売買案件 売り主コメント
サイト売買のプラットフォームで上位表示しているサイトの2サイトセットとなります。

サイトA:1800名以上の会員さんがいらっしゃいます。
サイトB:2300名ほどの会員さんがいらっしゃいます。


長年「サイト売買」のプラットフォームとして運営をしております。
サイト自体は有名なサイトとなりますので、今回
【特別掲載】
をしております。

しっかりと検討できる企業様、予算のある個人様に限りますので、ちゃんとした方でないと返答できかねます。

基本的に一括での譲渡を検討しております。(場合により2分割などは検討可能。)

予算がしっかりあるかどうかなどエビデンスを提出いただく可能性もありますのでご了承ください。

サイト売買の事業に参入したい企業様におすすめ案件となります。

 

サイト売買オークションおすすめ一覧

f:id:jfed:20191106161842p:plain

1位 サイト売買Z

  

2位 サイトストック

 

 

3位 サイトM&A by GMO

 サイトM&Aマーケット』は、顧客情報流出によりサービス終了

GMOインターネットが提供する一部サービスで1万4612件の顧客情報が流出したことが明らかになった。流出したのは、サイトを売買するサービスの「サイトM&A」に登録されている情報。対象となった顧客に同社が送った通知により、今回の流出が明らかになった。

1万4612件の顧客情報が流出した「サイトM&A」
[画像タップで拡大表示]
 

流出の対象となったのは2017年5月17日までにサイトM&Aに登録した会員の情報1万4612件だ。会員登録や売却案件登録、情報開示請求、クイック査定を依頼した人に加え、問い合わせやメールマガジンに登録した人も流出の対象となっている。流出した具体的な情報は、会員の氏名やユーザー名、法人名、住所、生年月日、電話番号、メールアドレス、登録案件、問い合わせ内容、クイック査定内容。2017年5月18日以降に登録した人の情報や、「サイトM&Aマーケット」に登録した情報は流出の対象外となっている。今回の流出は、インターネット上のWebサイトで顧客情報が閲覧可能な状態になっているという通報が、2017年9月14日に同社にあったことから発覚。翌日の15日に流出を確認し、9月27日までサービスをいったん閉鎖した。